スポンサーサイト

-- -- -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球、感じてきたよ。

2006 07 19 Wed



ap bank7月15日~17日、静岡県のつま恋で行われた
『ap bank fes'06』
その初日に行ってきました♪
真っ青な空、まぶしい太陽。輝く緑に心地よい風。
ココロを豊かにしてくれる自然のチカラ。
あたりまえのように近くにあるって思ってたけれど、
このままでは永遠には続かない。
『自然に対してもう少し謙虚になることが大事』
このメッセージ、しっかり受け止めてきました!

『エコ』をテーマとしたこのイベント会場、
「昨年、みんなが帰ったあと、ゴミ一つないこの会場に僕も鼻高々で…」
櫻井さんが笑顔で言ったとおり、今年だってとてもキレイだった。
自分の近くにゴミが落ちてたら自然に拾うし、分別もむしろ楽しくて。
2万5千人が集まるこの会場が小さな地球だとしたら、
ここから一歩でて、少し大きな地球になってもできるハズ。
ひとりひとりのちょっとした、意識・やさしさ・勇気が共鳴して、
頑張らなくてもキレイな地球に、未来へと繋がっていけばいいなぁ。
とはいえ“MY箸・MYスプーン”を持参したのに使わなかった私…。大きく反省中。

そして、ここからはセットリスト。来年の為のメモでーす。
長いよ~、まとまってないよ~(苦笑)




「やっと来たっ、やっとこの日が来たぞぉ~」の櫻井さんの一声でスタート!
もうね、ほんとに、ほんとに待ってましたよー!!
1曲目は、小林武史さんのピアノと櫻井さんによる

(1) 何の変哲もないLoveSong(KAN)

「今から聴いてもらう曲は、つま恋の晴天の日をイメージして選曲しました!」と。
曇り予想だったのに、お天気まで味方にしてしまう櫻井さんのチカラ。さすが!

静かにさわやかに「春夏秋冬」が流れ出す。彼らがいたから初日を選んだんだよ。

レミオロメン
1.春夏秋冬
2.蒼の世界
3.雨上がり
4.南風
5.スタンドバイミー
6.粉雪
7.太陽の下

「1リットルの涙」の影響で大好きになったレミオロメン。
ちゃんとCDも買って歌もバッチリ覚えていったんだけど「あれ、個人名は?」
ということで、小声で「レミオロメン~」なんて叫んでました(^_^;)
野外なのに高音がとてもキレイに響いていた。
どの歌も好きだけど「粉雪」はドラマの映像が浮かんできて涙ものでした。
目を閉じれば、雪だって舞っちゃうよ。
♪風に吹かれて~ の時に本当に風がス~って通り過ぎていった。
偶然じゃない。これはレミオロメンさんのチカラ。

そして、櫻井さんが「こ~なぁ~ゆきぃ~」と絶叫しながら再登場!

(2) 君が降りてきた夏(MOJO CLUB)
(3) 星のラブレター(THE BOOM)

続くコブクロは、今回は櫻井さんも入って3人組!

コブクロ
1.桜
2.YELL
3.轍

元気いっぱいだったBoAちゃん。慣れない日本語でも気持ち伝わったからね。

BoA
1.Cosmic eyes
2.LISTEN TO MY HEART
3.コノヨノシルシ

開始から2時間が経過したこの頃なんだか視界がせまくなってきた。
すぐ近くの浜松では今年最高の38℃が記録されてとかで…(笑)
歌い続ける限り座らないって決めてたけど、次々と運ばれていく人をみてたので、
ちょっとビビッて座ってしまいました。しかしその2分後に櫻井さんが…。
「晴天の中で長時間立ってるのは辛いと思うので、おじさんたちは座ります。
 みんなも座れるかな?」(全員座る)
さ、さすがだぁ~! ありがとう…。でも、この言葉を待って座りたかったぁ(^_^;)

Salyu
1.風に乗る船

続く一青窈さんのメッセージもステキでした。
「世界は何の為にあるのか…、どうしても答えがでなくて、
 だから小さな嘘をつくことに決めました。
 世界があなたや私の為にあるのではなく、あなたや私が世界の為にあるんです」

一青窈
1.ハナミズキ
2.てんとう虫

(4) サムデイ(佐野元春)

サムデイをみんなで大合唱したあと、ふたたび櫻井さんが
「ここからは、立ってても座っててもいいよ。
 たいへん? 大変じゃないよね。楽しいが勝っちゃうよねー!」
「はぁ~い!!」ってコトで全員たちあがる。そして、

ポルノグラフィティ
1.ジョバイロ
2.愛が呼ぶほうへ
3.メリッサ

GAKU-MC(&櫻井さん)
1.手をだすな!

ポルノグラフィティはステージ慣れしてて盛り上げ役、かっこよかった。
GAKUくんはサムライブルーのユニでボカスカ、ボール蹴ってて面白かった。
「手をだすな!」は初めて聴いたのに、すぐ歌えるようになったし。
(翌日、一緒にいった友達が購入。i-podに入れました・笑)


そして、出場(←櫻井さんが「サッカーのみすぎだ、出演…」って言いなおしてた)
予定だった清志郎さんは、病気療養中の為、櫻井さんが変わりに歌いました。
「みんな、力を貸してくれ!」と

忌野清志郎(櫻井さん)
1.わかってもらえるさ
2.デイドリームビリーバー
3.スローバラード
4.トランジスタラジオ
5.雨上がりの夜空に

(5) 休みの日(JUN SKY WALKER(S))
(6) evergreen(MY LITTLE LOVER)

そしーて、休憩のあと、いよいよMr.Children!

Mr.Children
1.HERO
2.名もなき詩
 (2日目)NOT FOUND
 (3日目)PADOLE
3.ほころび
 お耳に新しい曲を…と言って始まった新曲
 イチバンに聴けるのはうれしい♪
4.彩り
「会社や家庭の日々にささやかな工夫を加えるだけで、
 ものすごく楽しくなるでしょ?
 そんなちっちゃな工夫が回りまわって世界中の誰かに
 いいことが起こればいいなと願って歌ったりしてます」
 これはまだ制作中のアルバムの中の未完成な曲。
 私には働く人にとっての応援歌にきこえました。
5.掌
6.STRANGE CHAMELEON(the pillows)
7.終わりなき旅
8.箒星
 新曲ながら、ほぼ歌えたよ~。新幹線の中でエンドレスだったからね。
9.Sign
 歌い始めに間違えてやり直しにっ!
 「ミスターチルドレンは完璧だったのにー」って悔しがってた(笑)

ここで一度終了し、アンコールの後に

(7) To U(Bank Band with Salyu)

まだまだずーっと聴いていたくて、あっという間の5時間30分でした☆


余韻いっぱいのまま会場でゴハンを食べ、シャトルバス乗り場にいったら大混雑!
最終の新幹線に乗り遅れてしまいました…。しかもグリーン車だったのに。
初日のせいもあり上手く手配できなくて他にも乗れなかった人が続出してたそうです。
しかし、やさしい気持ちになっているので「まっ、いっかぁ~」くらいで。
それどころか、次の日にベガの試合がなかったら、
ガード下にいた怪しいおじさんからチケットを購入してたかもしれません…。
結局、翌日の始発で帰ったんだけど、本当は使えないハズの前日の切符で
「自由席なら乗っていいよ」と、駅員さんのやさしさもいただきました(o^^o)

非日常的なつま恋から普通の生活に戻っても、あの時できたことちゃんと続けたい。
どうか、ずーっと魔法がとけませんようにっ(願)

…最終日桑田さんが“イノセントワールド”歌ったとかで…。聴きたかったー(>_<)
花火まで上がったらしく、ちょっと…、いやカナリ悔しい気持ち。

Liveが終わり、イチバン最初に聴き直した曲はレミオロメンの粉雪。
そしてスタンドバイミー、ミスチルの帚星、ほころびの順。
これは櫻井さんより藤巻くん(←名前覚えた)にココロを奪われたということか(笑)
みんなシーンとなって聴き入っていた『彩り』は聴きたくてもまだ未発表。
記憶にたよるしかなく…。
歌詞はパンフに載っていたから、アルバムが出る前に全部覚えてしまいそうです。
今度のコンサートも楽しみっ。どうかベガの試合と重なりませんように!
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。