スポンサーサイト

-- -- -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいこと、みーつけた。

2006 08 31 Thu


PC歴は長いのにoffice系のソフトはほとんど使った事がありません。
PhotoshopやIllustratorは一般的には役に立たないんだよね(^_^;)
しかし、決定率や失点率を自動計算したくて、エクセルに挑戦してみた。
計算機みたいのに、入力してくだけで計算式ができるんだね、スゴイ☆
勝/分/敗に数字を入力すれば、勝ち点がでるよー。
シュート数と得点を入力すれば、決定率もでるよー。
と、おそらく「それ、簡単だよ」と思われることに大興奮中 ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ
ホラ、取説(←読むの苦手)を見なくてもできたなら、なかなかじゃない??
苦手分野もベガルタ関連となると、やる気が出るから不思議です

で、できた表がコチラ。失点率(失点÷被シュート数)で並べ替えてみた。
(決定率・失点率の小数第4位以降は切り捨て。四捨五入にする技はもってません)

勝敗36節終了
ベガルタさんってば、2位だよ、2位!! シュートを決められる確率はたったの5.9%
17本打たれても1ゴールだけなんです。首位の柏さんは11.3%だから半分だよー!!
これは高桑さん、小針さんがバリバリ止めて、木谷さんたちDF陣が、ゴール前を
しっかり守っているからだよね。被シュート数も多い(3位)から大忙しだけど…。
そして決定力。シュート数は、柏・札幌に続き3位。決定率は12.4%で4位。
「シュート打てぇ~」「最後は決めろぉ~」と叫んでばっかりだったけど、
実は結構チャンス作ってて、シュートも決めていたのでした☆
得点、得失点差はいうまでもなく1位! 勝てない方が不思議なんだよね。
だから大丈夫っ。9月9日には全速力で走り出す。楽しみだな、その瞬間が劣
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。