スポンサーサイト

-- -- -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックロックこんにちは!

2006 09 03 Sun



ロックステージロックロックこんにちは! in 泉大津フェニックス。
前夜からかなりのハイテンションであまり眠れず…。
会場は整理番号順での入場規制はあるけど全席自由。
12時30分くらいに到着も、後ろの方はまだ余裕で、
レジャーシートを敷いてのんびりと見てました。
休憩時間には大の字で寝てたし、
後ろの人なんてテント張ってるし(笑)
今回もセットリストを完成させたかったけれど、カンニングできずに断念。
apbankや夢人島は公式HPにレポがあったんだけどね。
せめて、わかるのだけでもメモメモ。そのうち誰かがアップしてくれますように。




真心ブラザーズ
「どか~ん」とか、ほとんど聞いたことあるんだけど、タイトルが…。
ご、ごめんなさい。

吉井和哉
最初、出演者リストをみたときは「誰?」って思ったんだけど、
アルバム買っちゃおっ~ってくらい、かっこよかったです♪
知っている曲も多くて、これ、吉井さんだったんだ~って。

ジェイク・シマブクロ
日本人だと思ってたら外国人だった…(汗) しかも演奏だけ。
レミオロメンに備え、全席自由なら前の方にいけるのでは…と、
スタンディングゾーンに突入! この時はまだ結構余裕でした。
ウクレレ1本で演奏してて、いつもまにか終わってた(笑)

レミオロメン
1.南風
2.1-2 Love Forever
3.雨上がり
4.3月9日
5.粉雪
6.明日に架かる橋
7.スタンドバイミー
8.太陽の下

もうね、ジェイク・シマブクロさんが終わった瞬間ドドドーと人の波が。
後ろの方では2畳分くらいのスペースだったのに、座布団1枚分くらい。
15列目くらいに行けたけど、人・人・人でジャンプしなくちゃ見えない(>_<)
そこでイスにのってみたけど、すぐに係員にみつかり危険だからと注意される。
のっても180センチくらいだからばれないと思ったのにぃ(そーいう問題じゃない)
いいなー、背の高い人は。その分ほとんどジャンプジャンプ!!
ベガの応援慣れのせいか、両手あげているのとかも結構平気なんだよね(笑)
8曲まさに完走ってカンジで。今回は3月9日もきけて感動でした♪

……… BREAK TIME(40分)………

ここで、さらに人が押し寄せる。もうギュウギュウで満員電車状態。
この状態でひたすら待たなくてはいけないのですが、
人の波に押されつつズーズーしさフル回転で7列目に移動!!!!
係員の人が前の方から「そこ、倒れたぁ~! 誰か行って!!」と大変そうだった。

KREVA
実はここでミスチルだと思ってたので、軽~くめまいが…。
またまた誰? HIP HOP??だったんだけど、自虐っぷりが面白かったし、
盛り上げ方はイチバン上手だったな。グッズのハッピ着てるし(笑)
「昨年は最前列で寝ている人がいて…」といいつつも、
「オレの事好きになって帰ってくれ~」ってアピールしてみたり。
そして、いきなりSPITZとのコラボレーション!!

1.チェリー (& SPITZ)
2.メモリーズ (& SPITZ)
他 8曲くらい

KREVAの曲は全然知らないのに、わかりやすくて最後は適当に歌ってみた(笑)
ちゃんと好きになったからねー。

Mr.Children
1.未来
2.innocent world
3.ほころび
4.Sign
5.ストレンジカメレオン
6.終わりなき旅
7.Worlds end
8.箒星

スクリーンじゃなくて、め、目の前に櫻井さんがいるー(>_<)
近くで見れる日はくるのかなって思っていたけど、まさか、ここで叶うとは!
太陽が沈みかける時間、空がオレンジ色に染まってて、
櫻井さんもこの瞬間に歌えることに感謝してた。
ステージを右へ左へと走り回り、目の前で止まって歌ってくれた時は、
「今、絶対目が合った~!!!」って回りの人全員思ったに違いない(笑)
最後は「これで飲める~」って笑って帰っていきました。

身動きできない程の混雑に、途中で手足がしびれたり、冷たくなってきたりで、
「ヤバっ血圧下がってきた」と、手をグーパーしたり足首のばしたり地味~な動きを。
水分すらもほとんど取れなかった4時間、貧血にならなくてよかった…。

奥田民生
1.愛のために
2.渚にまつわるエトセトラ
3.MANY
4.雪が降る町
5.CUSTOM
6.働く男
7.さすらい
8.イージュー★ライダー

大盛り上がりのミスチルの後に、ギターを片手に民夫さん登場。ひとり股旅。
ゆるーいカンジでね、面白かったです(笑) イチバン和やかな時間でした。
「なんでオレがこのタイミングなんだ、やりにくいなぁ」と嘆きつつも、
「それはMr.ChildrenとSPITZの機材が多いからです。僕なんてスタッフ5人だけ。
 まあ、曲が終わったと思ったら拍手でもしてください」と。
「次はイチバン盛り上がる曲でーす」と『渚にまつわるエトセトラ』。
『働く男』では「知ってる?」って何回も歌の途中にささやくから、
「知ってるー!!!」って毎回叫んでた。会場も笑いつつも盛り上がってるのに、
ぼそっと「これがほんとのナツメロ…」と、盛り上がりに応えることなくマイペース。
民生さんをみてると、そんなに頑張らなくてもいっか~って思えてくるんだよね。
ホント、いい意味で。

SPITZ
1.俺のすべて
2.けもの道
3.青い車
4.魔法のコトバ
5.正夢
6.インディゴ地平線
7.恋のうた
8.Tokyo I'm on my way(PUFFY)
9.愛のしるし(PUFFY)
10.みそか
11.8823
12.スターゲイザー
-アンコール-
13.空も飛べるはず

初の生SPITZです♪ MCはイマイチだなーと思ったら、自覚もしてるようで…。
「ミスチルさんを見ていると僕も走らなくちゃな~って思ったけど、
 民生さんみたら、まあいっかーみたいな(イスに座ったままだから)」
は面白かったから(笑)
「夜の方が音が響くのかな?」って思うくらい、星空の下、キレイな歌声。
スペシャルゲストでPUFFYも登場し、SPITZの演奏で2曲。
民生さん同様、マイペースだった(笑)


ロック花火最後は花火が次々と上がってライブ終了。
夏も終わりだなー。
前日からハイテンションで、
ライブ中にもメールでパワーもらって、
先週より何倍も楽しかったのです。
キモチの持ち方ひとつで、こんなに違うのなら、
常に前向きでいないとなー。
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。